家の傾きを直す
揚げ方工事・不陸調整

HOME > 家の傾きを直す揚げ方工事・不陸調整

家の傾きを直す揚げ方工事・不陸調整

家を持ち上げ、基礎を改修する「揚げ方工事」

家・柱の傾きを直す「不陸調整」

今まで数多くの古民家住宅を扱ってきた降幡建築設計事務所。

確かな技術力でお家の悩みを解決します。

揚げ方工事揚げ方工事

揚げ方工事とは?

木造住宅の傷みの原因として湿気による腐朽があります。そのままにしておくと腐朽が進み、床が沈んでしまうことも。揚げ方工事とは家を持ち上げ新しい基礎をつくり、湿気などにより傷んだ土台、柱を取替えてその上に下ろす工事を指します。

  • 何十年も前から暮らしている家

    新たに購入した古民家

  • こういった家は、たいてい四角い玉石に柱が乗っているだけ。これでは大地震が来た時に動いてしまいますよね。

揚げ方工事では、見た目はそのままに古民家によくある弱い基礎を一新。
今まで暮らしてきた家で、これからも安心して暮らすことが出来るようになります。

不陸調整不陸調整

古民家の傾きについて。

木造住宅の傷みの原因として湿気による腐朽があります。そのままにしておくと腐朽が進み、床が沈んでしまうことも。揚げ方工事とは家を持ち上げ新しい基礎をつくり、湿気などにより傷んだ土台、柱を取替えてその上に下ろす工事を指します。

  • 引き戸が締まりにくい
  • どうしても閉まらない扉がある
  • 丸いものを床に置くとその場にとどまらず転がっていってしまう丸いものを床に置くとその場にとどまらず転がっていってしまう
  • そのままにしておくと地震に弱いだけでなく住まう人にも健康被害が出ることも。

  • 家だけでなく土地が傾いているという可能性もあります。こういった傾きは、不陸調整で直していきます。

  • 軟弱地盤の地域では、家の傾きの原因の殆どが地盤の下がりによるものです。その地盤に杭工事、地盤改良工事は出来ませんので、不陸調整を行い建物全体及び周囲を一枚の堅固なベタ基礎で補強をしています。周囲より床面が高くなり洪水対策にもなるのでお勧めです。

降幡建築設計事務所なら古民家再生や和風住宅を数多く経験してきた実績と技術で安心して工事をお任せいただけます。降幡建築設計事務所なら古民家再生や和風住宅を数多く経験してきた実績と技術で安心して工事をお任せいただけます。

度重なる地震による液状化した土地もご相談に乗っておりますので、
どうぞお気軽にご相談ください。度重なる地震による液状化した土地もご相談に乗っておりますので、
どうぞお気軽にご相談ください。

古民家移築ギャラリー

新築 古民家再生 移築 お問い合わせはお気軽にどうぞ 新築住宅・リフォーム・古民家再生の設計 降幡建築設計事務所:名古屋分室 〒463-0017 愛知県名古屋市守山区喜多山2-12-16 Tel&Fax 052-795-5966

メールでのお問い合わせ

お知らせ・イベント メディア情報

降幡の知恵袋

サービスメニュー

降幡建築設計事務所 名古屋分室

降幡建築設計 名古屋分室 BLOG